肩幅を広くする筋トレとは?

 

 

実際に肩幅を広くするために筋トレを行う時、多くの人はなぜか肩を鍛えたがる傾向にあります。
しかし肩を鍛えても肩の筋肉が大きくなるだけで、幅はあまり広くならないです。

 

ですので、幅を広くしたい場合は、背中を鍛えた方が良いです。
背中を鍛えることによって、肩甲骨の周りの筋肉も発達し、肩甲骨の開閉が行われ、肩幅が広くなります。

 

かくいう私も昔、肩幅を広くしようと肩の筋肉(三角筋)鍛えまくっていた時期があるのですが、大して肩幅は広くなりませんでした。
しかし、懸垂(ワイドグリップチンニング)を行って背中を鍛えると、みるみるうちに肩幅が広くなりなりました

 

とはいっても、肩も背中も両方とも鍛えた方が肩幅が広くなる事には変わりがないので、背中は懸垂肩はサイドレイズで鍛える事をお勧めします。
肩をサイドレイズで鍛えると、肩と一緒に僧帽筋も同時に鍛えることができるからです。